ユーザー車検の費用 – とにかく「安く」車検をしたい方必見!


ユーザー車検の費用

 

ユーザー車検の費用

ユーザー車検の一番のメリットはなんといっても「車検代が安い」ということに尽きると思います。

それではどれくらい安いのか見てみましょう。

※プリウス NHW20の費用になります。

 

1. 自動車検査手数料

1,800円

自動車検査票

ユーザー車検の検査手数料です。

右上の収入印紙2枚を受付で購入して、自動車検査票に貼ります。

残りの費用は税金と保険の代金なので、ユーザー車検自体の費用はこの1,800円のみ。

ディーラーやガソリンスタンドで車検を受けても印紙代に1,100円取られるので、ユーザー車検にかかる実質の費用はたったの700円てことになりますね。

この自動車検査票の右下に空欄があり、それぞれの検査に合格するとハンコが押されます。

 

2. 自動車重量税

15,000円

自動車重量税納付書

自動車重量税はクルマの重さによって金額が変わります。

軽自動車は重さに関わらず定額です。

プリウスは3ナンバーの中型車ですが、エコカーなので15,000円でした。

  軽自動車 小型車/~1000kg 中型車/~1500kg 大型車/~2000kg
重量税
(*エコカー)
¥6,600
(*¥5,000)
¥16,400
(*¥10,000)
¥24,600
(*¥15,000)
¥32,800
(*¥20,000)

 

3. 自賠責保険

26,680円

自賠責保険

自賠責保険(強制保険)に加入していないとユーザー車検は受けられません。

どの保険会社でも料金は一律です。

写真では自家用乗用自動車の25ヶ月契約の料金になります。

次の車検が切れるまでの2年間分です。

車検を受ける時期によっては24ヶ月になることもあります。

要は無保険期間がないようにするためです。

保険料も軽自動車は少し安いです。

  軽自動車 小型車/~1000kg 中型車/~1500kg 大型車/~2000kg
自賠責保険料 ¥21,970 ¥24,950 ¥24,950 ¥24,950

 

合計

上記すべての料金を合わせたプリウス20型のユーザー車検の費用の合計はなんとたったの43,480円!

 

ディーラー車検と比べるとその安さたるや。。。驚きです。

(私の場合は予備検査代が別途、3,500円がかかりました。)

 

 

いくら費用が安く簡単でも油断禁物!

ユーザー車検は不合格になることもある!?

 

いくら費用が安いからといって、安易にユーザー車検を受けてしまうと、車検に落ちてしまうこともあります。

車検に落ちると再検査です。

当然、不合格になった部分を修理しなくては再検査には受かりません。

少しの修正で済めば、修理代も安いかもしれません。

しかし、大掛かりな修理になった場合は、車検を受けずに売ってしまった方がお得になるかもしれません。

ユーザー車検を受ける前に、車査定しておくことをおすすめします。

無料かんたん車査定ガイドを利用しましょう。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら>>>

かんたん車査定ガイド

 

 

ユーザー車検の方法についてはこちら。

ユーザー車検の方法 – 初めてでも「超かんたん」1発で合格する裏技とは!?

 

ディーラー車検やその他の車検サービスについてはこちらの記事をどうぞ。

プリウスの車検の費用は?ディーラー・オートバックス・ガソリンスタンドの車検代を比べてみた!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です